魔法の女の子産み分け術

女の子の産み分け法には、いくつかの方法がありますが、女の子を産み分けるためには男の子を生まない方法でもあります。 そのため、男の子が生まれない環境をどのようにしてつくるのかが大切になります。

の子が欲しい!または男の子が欲しい!そんな希望がパパママにはあると思います。女の子も男の子も両方欲しいという方もいるでしょう。

男女の産み分けにはいくつか知っておいて頂いたきたい事があります。

それは、女の子になる『X精子』と男の子になる『Y精子』です。それぞれは寿命や膣内を泳ぐスピード、膣内のPH、熱に対する強弱な様々な特徴があります。

これらの精子の特徴を考えることで、女の子を産み分ける確立を高めることが可能なのです。

実は、 赤ちゃんの性別は、精子と卵子が受精した瞬間に決まってしまうそうです。

そのため妊娠に気づいた時点で赤ちゃんは男の子か女の子に決まっているんですね。

妊娠には女性の生理から次の生理までの間に1度排卵がありますが、例えば28日周期の女性であれば年に13回くらいは妊娠のチャンスがあるわけです。

受精後の受精卵は1週間くらいの時間をかけて子宮に到達し、子宮の粘膜に着床するこことで妊娠となりますが、実際に受精卵が子宮の粘膜に着床する確立は25%前後と言われ、妊娠というのは意外と難しいのです。



トップページ  相互リンクについて  特商法上の表記  お問合せ
dummy dummy dummy